top of page
  • 執筆者の写真lims_takahashi

Lim's GROTTA・Limp




グロッタリンプという名で全長 105mm、自重 約26gの3フックダーター。

カップ下アゴに楕円形の彫り込みを入れ更に水の掴みが増したリニューアルモデル。


元々グロッタには下アゴのエッジに衝撃による損傷を少しでも減らすために

厚みを持たせたのですがこの厚みが見る人によってはイメージでなのか

ダイブがしにくいように見えてしまったみたいで・・・。

グロッタを使ったことのある方は分かると思いますが

この厚みがあってもダイブ加減にはまったく影響はありません!!!


しかしそんなマイナスイメージを無くす為もあって

今回 下アゴに楕円形の彫り込み加工を追加した訳なのですが

この掘り込みの成果で水の掴みが更に増してより良いダイブになったなと。

またトゥイッチの強弱によるポップ音とバブルの発生する幅も増え

更に誘いやすいダーターになったと思います。


5色展開で左からカラーコードがKCH、HGRB、BGDB、RSR、NBNB。


まず最近の定番色としてBGDB(ブラックゴールドベイト)を。

シルエットがはっきりと浮き出る黒を生かそうと考えつつ

気になる視認性の部分を背中の金とカップの白で補ったカラーです。

自分的に艶有り黒ベースでは今一番気に入ってる配色で

少数ながらコアな人気があるカラーでもあります。


NBHB (ニッケルバウハウスベイト)というカラー。

モルフェから採用したこのカラーはシンプルなデザインや

白と黒 グレーのような無機質な色合いの中に3原色を配置し美しさと大胆さを

アクセントとして伝えようと考えたカラーです。

ニッケルシルバーに白スケールで背に白ライン、そして赤青黄色の丸三角の3色。

今回のグロッタリンプではさらにバウハウス感を強めに出した配色です。


ヘドンでお馴染みKCH。

ヘドン的にカラーネームはYellow/Red Muskieというらしいのですが

じゃぁ そもそものKCHって何の事?って感じす。

でもやっぱりこのカラーって無骨でカッコイイのです。

何か正統派って感じをさせる伝統色なのかなと。

蛍光イエローを強調させるための白パールベースが効いていて

赤いカップが差し色で映えていると思います。


そしてHGRB というレギュラーでは初お目見えのカラー。

レインボーのラメベースが魚のウロコにあるグアニン結晶のように

光を反射してくれて細かい粒子が虹色にキラキラと。

5色の集合写真だとどうしても粒子が細かすぎて画像に出にくいのですが

実物はかなりのギラつきなのでご安心を。 *以前までホログラムと書いていましたが厳密にはホログラムと

レインボーでは違いがあるので今後の商品説明ではレインボーフレーク表記と

させて頂きます。なのでカラーコードも新しく考えないとと思っています。5/19


最後にインスタにもちょっと載せたRSR(ラメサンライズ)と名付けた新色。

見ての通りシルバーラメベースの朝焼け色をしたカラー。

黄色オレンジ赤のグラデーションとラメの反射がそそります。

朝陽に溶け込み過ぎないように背中に白ラインで視覚アクセントを付けました。

シンプルながらもラメによりグッと存在感のある配色かと思います。


もうご案内を出せそうですのでどうかご検討をよろしくお願い致します。


Comments


bottom of page